即日融資が可能な申し込みの時間帯は?

プロミスを利用して即日融資を行いたい場合、申し込み方法によって即日融資が可能な時間帯が大きく異なります。即日融資が可能な申し込み方法には窓口での申し込み、無人契約機での申し込み、webでの申し込みがあります。

まず窓口での申し込みに関しては、店舗によって窓口の閉店時間が異なるため、その店舗での閉店時間までに申し込みを行なわないと即日融資は出来ないことになります。

多くの窓口は18時閉店となっており、審査には最低でも30分必要なため、17時までに申し込み受付を終わらせておかないと即日融資には間に合わない可能性があります。店舗によっては20時まで開いている店舗もありますが、在籍確認が取れるかどうかでも即日融資が可能になるかどうかが変わってきます。

勤務している会社への在籍確認

勤務している会社への在籍確認が取れるのであれば、20時まで開いている窓口での申し込みに関しては19時くらいに申し込みを行なえば即日融資に間に合うでしょう。

無人契約機の場合、9:00~22:00(※一部21時もあります)までが申し込み可能な時間ですので、かなり遅い時間帯でも即日融資が可能になると言えます。しかし無人契約機の場合も窓口同様に審査には最短30分必要ですし、在籍確認の問題もあるためそれが可能かどうかで即日融資できるかどうかが変わってきます。

無人契約機の場合は29:00~22:00(※一部21時もあります)までが受付可能時間なので、逆算して21時頃までに申し込みを行なえば即日融資が可能になります。Web申し込みの場合は申し込みできる時間は24時間365日可能ですが、審査してもらえるのは無人契約機と同様に22時までとなっています。

そのためweb申し込みの場合も21時あたりには申し込みを行なう必要があります。ただweb申し込みの場合は電話での在籍確認に対してご要望がある場合、申込完了後すぐにご相談ください。

何時までに引き出しをすれば良いのか?

お金の引き出しに関してですが、申し込みしてすでにカードがある場合には専用ATMでは24時までであればお金の引き出しが可能になります。それ以外の時間帯の場合は、コンビニなどの提携ATMを利用すれば24時間いつでもお金を引き出すことが可能になります。

ただし提携ATMの場合はATM手数料が別途必要になりますので、専用ATMが使用できない時間帯での使用には手数料を無駄に支払わなければいけないことになります。

手数料の支払い無しでお金を引き出したい

そのため手数料の支払い無しでお金を引き出したいのであれば、専用ATMで24時までに引き出すのがベストな選択だといえます。

振込キャッシングの利用に関してはプロミス独自の「瞬フリ」サービスがありますので、三井住友銀行かジャパンネット銀行の口座を保有していれば24時間いつでも最短10秒ほどで振込みを行なってもらえます。

この場合の振込手数料は無料ですし、ジャパンネット銀行利用の場合は提携ATMの利用でもゆうちょやセブン銀行ATMであれば3万円以上ならATM手数料が無料となります。ただしこの場合には24時までに引き出しを行なう必要があります。

ネット申し込みと無人契約機の違いは?

プロミスのネット申し込みと無人契約機の最大の違いは、その場でカード発行が可能かどうかという点が最も大きな違いとなります。

無人契約機の場合、契約機の操作で最短30分程度で契約完了からカード発行まで可能になります。一方のネット申し込みに関してはネット環境があればどこからでも申し込み可能ですし24時間いつでも申し込みが出来るといった利便性があります。

しかしネット申し込みの場合は契約完了後にカード発行がすぐに行なえないため、カードが届くのを待つ必要があります。ただしネット申し込みの場合は契約完了後に無人契約機に行けばその場でカード発行が可能なので、それを利用すればカードの発行もすぐに可能となります。

ネット申し込みの場合は店舗や無人契約機に出向く必要が無い、その点も無人契約機との違いだと言えます。

ネット申し込みの便利な使い方

便利な使い方としては、ネット申し込みで申し込みをしておいて、会社終わりにカード発行のみを無人契約機で行うとか、自宅でネット申し込みを行なっておいてその足で無人契約機に向かうといった使い方。

無人契約機に着いた頃にはすでに審査が終わり契約完了しているため、待ち時間なく無人契約機でカード発行を行なえるといった使い方も可能となります。