クレジットカードの返済日は何時までに入金すればよい

クレジットカードは商品を購入したりキャッシング機能を利用してお金を引き出したりできるため、生活するうえでは非常に便利なアイテムだと言えます。

しかしクレジットカードを使用した場合には必ず返済を行なうという義務が生じてきますので、借りたものは返すのが当たり前のようにクレジットカードを使用した場合の返済も必ず行わなければいけません。

基本的にどのクレジットカードであっても返済日と言うものは決められており、その日までに指定した引き落としの口座へお金を入れておくか、クレジット会社に入金を行う必要があります。

この返済日の入金に関しては、クレジット会社ごとに入金できる時間が異なっていますので、もし返済日に入金を行うのであれば事前に何時までなら入金可能かを確認しておく必要があります。

口座からの引き落としに関しても金融機関で引き落としを行う時間が異なっており、多くの場合は午前に引き落とし、それが抱けな場合は午後にもう一度引き落としを行うことが多いです。

しかしこれに関しても金融機関で1回のみの引き落としの場合もありますので、安全を期する意味でも返済日の前日までに入金をしておくほうがよいでしょう。

クレジットカードのキャッシングで返済ができないとどうなる?

クレジットカードを利用してその代金が返済できない場合には、非常に大きな問題となる可能性があります。

基本的にクレジットカードを契約した時点で、支払いが滞ったり延滞した場合の決まりが詳細に決められており、返済が出来ない場合まずカードの利用がストップすることになります。

これは返済できていないのですから当然と言えますが、カードがストップすることでクレジットカードの全ての機能が使用できなくなります。

もし光熱費などをクレジット払いにしていた場合には、これらの支払いも全てストップしますので、クレジットカードの返済が出来ないことは他の支払いにも影響を与える場合もあります。

延滞や遅延が長引けばその情報は信用情報機関に送られ記録され、悪質な場合にはブラックリストとして事故情報扱いとなります。

もしブラックリストになってしまった場合には、全てのカードローンやクレジットカードが使用不可になり、更には新しくローンを利用することもできなくなります。

そしてクレジットカード強制解約されてしまい、損害賠償の裁判にまで発展する恐れも出てくることになります。そのためクレジットカードの返済は必ず行う必要があります。

クレジットカードで返済がきつい時の対処方法

クレジットカードで返済がきつい時にはまず何が出来るかを考えてみることが重要です。

クレジットカードによっては支払いをリボ払いに変更することが出来る場合もあるため、毎月の返済が厳しいと感じた際にはリボ払いに変更をするという方法もあります。

ただリボにすることで返済期間が延びてしまい、実質的には利息の支払いが増えますので、総支払額が増えてしまうというデメリットもあります。

特にクレジットカードのキャッシングを利用した場合には、借りたお金は翌月返済が基本となるので、もし返済が難しいと感じたらリボへの変更を考えてみるのも手段の一つとなります。

しかし商品購入など分割払いなどを選択していた場合、リボへの変更が出来ない場合もあります。

そのような場合にはクレジット会社に連絡して、分割回数を変更できるかどうかを確認してみるのも対処法の一つとなります。分割回数を増やすことで毎月の返済額を減らせますので、対処法としては有効ではないでしょうか。

ただこの場合もリボ同様に分割回数が増える=利息も増えることになるのでその点には注意が必要です。

もし返済がどうにも立ち行かなくなった場合には、やはり専門家である弁護士などに相談してみるのが最善の策だと言えます。

自分ではどうにもならない場合には放っておいても解決しませんから、最悪の事態を避けるためにも専門家の意見を仰ぎ、クレジットカードの返済が滞らないようにすることが重要になってくるのではないでしょうか。

そうならないように無理な使い方を控えることも必要ですので、クレジットカードに依存しすぎるのも注意したほうが良いでしょう。